米英仏、シリアに軍事行動

Posted on by 0 comment

 アメリカとイギリス、そしてフランスの3カ国は13日、シリア政府軍に対する空爆を行いました。

 アメリカのトランプ大統領は、化学兵器の研究開発施設への精密攻撃を命じたことを発表。イギリスのメイ首相は、シリア政府軍の化学兵器使用を阻止するために攻撃を承認したと声明を発表。フランスのマクロン大統領も、アサド政権の化学兵器施設破壊を目標とした空爆を行ったと発表しています。

 アメリカ政府の推計によれば、シリア政府軍は少なくとも50回化学兵器を使用。国連安全保障理事会で、3カ国は軍事行動の必要性を主張していました。

 シリアを巡っては、一触即発の状況が続いていたのですが、とうとう始まりました。シリアのバックにはロシアが付いていますから、軍事行動に出た場合「欧米VSシリア+ロシア」の図式になって、最悪第三次世界大戦の様相を呈する恐れがあります。そのため、さすがのトランプ大統領も軍事行動に対しては慎重だったのですが。

 今の所アサド政権の打倒を目指した全面攻撃、ではなく、あくまでも化学兵器の研究開発施設に対するピンポイント攻撃に限定しているようです。ただし、ロシアが反撃して3カ国側に被害が出るようだと一気にエスカレートする可能性もあります。

Category: 世界の話題

ビザ申請者にSNSアカウント情報などの開示要求

Posted on by 0 comment

 アメリカにビザを申請する人間に対し、同国国務省はSNSのアカウント情報、電子メールアドレスの開示、電話の通話履歴を要求する計画だそうです。

 対象となるのは、外交ビザや公用ビザを除く一時滞在者や移民希望者の全てで、その人数は年間で1000万人に及ぶと見られます。

 開示が要求されるのは、ビザの申請日から過去5年の間に使用したSNSアカウント、電子メールアドレス、電話番号、そして渡航歴。

 これらをの情報を開示させることで、過激思想を持つものを発見、事前に入国を拒否出来るとしています。

 2015年にカリフォルニアで発生した銃乱射事件では、実行犯の一人が過去にSNSで過激思想に染まっていたと見られる形跡があったにもかかわらず、ビザを取得していました。

 テロ組織がSNSを使って過激思想を広め、同志を集めるのは近年よく見られる現象です。テロ組織のサイトや動画にアクセスしたり、自身のSNSに過激思想に関する書き込みをした人間の入国を拒否できれば、安全の確保に繋がるという発想でしょう。トランプ政権らしい政策です。

 人権団体は、プライバシーの侵害に繋がるとして反発しています。

Category: 世界の話題

ファイターズ、新球場は北広島市

Posted on by 0 comment

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの26日発表によると、新しいホーム球場の候補地を北海道北広島市に決定したそうです。

 ファイターズは2004年、東京から北海道へフランチャイズを移し、札幌ドームをホーム球場としていました。しかし、札幌ドームは札幌市が所有、運営は市の第三セクターが行い、ファイターズは使用料を払って札幌ドームを借りているに過ぎません。

 その使用料や関連費用は年間で26億5000万円と言われ、これはファイターズに所属する選手の総年俸とほぼ同じ数字です。そもそも、ファイターズの年間収入は約120億と言われ、球場使用料と関連費用だけで26億以上では、普通の企業なら固定費見直しをするのは当たり前。しかも、通常球団の主な収入源となる球場内の広告料や売店や飲食店の収入は、全て札幌ドームに入り、ファイターズには入りません。

 その上、札幌ドーム側は球場使用料を2016年から一方的に値上げ。ファイターズは条件交渉を行いましたが、札幌ドーム側は拒否したと言います。

 こうした札幌ドームの対応に業を煮やしたファイターズが、札幌ドームに替わる新しいホーム球場を求め、札幌市と北広島市が誘致合戦を行っていました。

 ファイターズは株式会社北海道ボールパークを設立、新しいホーム球場を北広島市に建設することになります。