Tag Archives: 理化学研究所

遺伝子領域発見

Posted on by

理化学研究所(理研)と東京大学医学部附属病院の3月28日発表によると、日本人集団を対象とした「ゲノムワイド関連解析(GWAS)」を行い、日本人の2型糖尿病の発症に関わる新たな遺伝子領域「ANK1」を発見したそうです。研究の詳細な内容は、イギリスの科学雑誌「Human Molecular Genetics」に掲載されるのに先立ち、オンライン版に日本時間3月28日付けで掲載されました。

糖尿病患者数は全世界で3億人を超え、2030年には5億人に達すると予測されています。また、日本の糖尿病患者数は1000万人を超えており、成人の糖尿病有病率は11.2%にも上っています(出典:国際糖尿病連合「糖尿病アトラス第5版」2011)。
その糖尿病患者、2型糖尿病がおよそ9割を占めており、発症には遺伝要因が関与してる事が判っています。今までに国内外の研究によって約50の関連遺伝子領域が見つかっていますが、多くは欧米人を対象とした解析で発見されたものでした。
欧米人の2型糖尿病患者では肥満の関与が大きいのに対して、日本人を初めとした東アジア人の2型糖尿病患者では肥満の程度は軽いことが知られており、人種によって2型糖尿病を引き起こす仕組みが異なっていると考えられています。実際、欧米人対象の解析で見つかった遺伝子領域の中には、日本人の2型糖尿病との関連が見られないものもあることが確認されています。
このため、日本人における2型糖尿病の遺伝要因を解明するためには、日本人を対象とした解析を行う必要がありました。

人によって糖尿病になりやすい人となりにくい人がいる、それは体質、つまり遺伝的要因な訳です。しかも、その遺伝的要因が欧米人と日本人ではまた違う。日本人の2型糖尿病の発症に関わる新たな遺伝子領域が発見された事により、日本人にあった糖尿病予防に活かせる事が期待されます。